コスパが最高な10の趣味

新しく趣味を始めるならコストパフォーマンスがよく、お得感がある趣味に挑戦したい!という方も多いのではないでしょうか?そんな時におすすめな費用があまりかからず、目一杯満喫でき、人生にプラス効果を与えてくれるコスパが最高な10の趣味を今回はご紹介します。






1. 読書

エンターテイメントとして、現実を忘れ冒険をすることも出来ますし、質の良い文章や物語に触れることにより知識や文章力など養われたりもします。
最近は紙媒体以外のパソコンやスマートフォンなどでも場所を選ばず、楽しむことができます。
なにより、読書で得た知識は必ずあなたの人生を豊かにしてくれます。

読書の記事を読む

2. イラスト

ペンタブとパソコンがあれば、だれでも本格的に始めることができ人気も急上昇中の趣味です。
個人で自由に自分の好きな絵を描いてみるのも楽しいですし、PixivやTINAMIなどのイラスト投稿サイトで自分の思いを込めた作品を見せ合い楽しむのも魅力のひとつです。

イラストの記事を読む

3.断捨離

片付け術のひとつとして近年人気を集めており、愛好家が増加中です。不要なものを捨て執着の気持ちを断つことで、過去の嫌な自分の気持ちも断つことができ、心がすっきりとして開放的な気分になります。
さらに自分にとって本当に必要なもの、価値のあるものが明確になり自分を見つめなおす事ができます。
仕事や人間関係をも見直すきっかけとなり、生まれ変わった自分の最初の一歩を踏み出すことができます。

断捨離の記事を読む

4.資格取得

キャリアアップのため、ビジネスにおいて必要などのケースから資格取得を目指すケースも多いですが、
仕事には関係ない自分が打ち込んでいる趣味の資格や、好奇心を満たすために資格を取る方も増えてきています。
いずれの資格を取るためにも、勉強は必ず必要になるため勉強すること自体に魅力を感じる方もいるようです。
そういった勉強はあなたの人生の幅を大きく広げ、資格は新しい可能性を生み出してくれるかもしれません。

資格取得の記事を読む

5. 筋トレ

回数や重量に目標をたて継続的に行うことで、成長しているという目に見えた達成感があるのが魅力です。
自分の理想の肉体、スタイルを想像してその想像に近づくことで非常に自分に自信がついていきます。
スポーツジムなどで本格的に始めるのもいいですし、自宅で簡単なトレーニングから始めるのこともできます。

筋トレの記事を読む

6.プログラミング

様々なシステムやサービス、アプリなどを作成できる自由度の高さから、老若男女問わず人気が集まっている「プログラミング」。
世界中でウェブ化が進行する現在、プログラミングは職業に関係なく、誰もが身につけておくべきスキルになってきています。

プログラミングの記事を読む

7. ランニング・ジョギング

有酸素運動をすることによるダイエット効果や、目標をクリアした時の達成感、早朝ランニングの爽快感など様々な魅力があります。
また、続けることによって自分自身の肉体の変化はもちろん、精神的な強さの成長をも実感できることが人気を集めている理由の一つといえるでしょう。

ランニング・ジョギングの記事を読む

8. 懸賞

一昔前までははがきでの応募が一般的でしたが、現在はインターネット懸賞が主流で、より気軽にチャレンジできるようになりました。どうせ当たらないだろうと躊躇する方も多いですが、マイナーなものを狙ったり、とにかく数を増やすことで当選確率を上げることが可能です。日々の生活をちょっとわくわくした気持ちで過ごせる楽しい趣味です。

懸賞の記事を読む

9.瞑想

仕事でのストレスはもちろん、日常生活や人間関係など様々な場面でストレスが溜まっていく現代社会で、非常に人気を集めているのが瞑想という趣味です。
瞑想は心を落ち着かせ、ストレスを軽減させたり、集中力を高めるのに役立ちます。

瞑想の記事を読む

10.ボランティア

災害時に注目されることが多いボランティアですが、ひとくくりにボランティアといっても様々な種類のものがあります。
誰かがきっかけを与えてくれるものではなく、自分から進んで行動することで始まります。
どんな小さなことでもいいので、自分にできることを積極的に探していきましょう。
お金では決して買えない感謝の言葉や、それを通じた友人が見つかることもあり、あなたの心を豊かにします。

ボランティアの記事を読む

まとめ


「試してみよう」と思えるような趣味は見つかりましたか?
今回はコスパが最高な10の趣味について紹介しました。
もちろんこれ以外にもマイペースに楽しめる趣味はたくさんありますし、あなたが本当に熱中できる趣味を見つけることができるのが一番かと思います!
そういったものがない場合これらを参考にして実際のあなたの趣味にしていただけたら幸いです。



関連記事

ページ上部へ戻る